自分の成長に繋がる方を|高時給を得るにはナイトビジネス!自分の店を持つのも夢じゃない!

自分の成長に繋がる方を

店内の様子

「運営スタッフ」と「店舗スタッフ」、どちらが自分に向いているかを見極めるのは結構難しいと思います。
興味だけで決めるのか、給料だけで決めるのか、正社員かアルバイトか。
そういう際には自分のやりたいこと、性格などを見つめ直してみましょう。

「運営スタッフ」は、会社の経営を左右する役割を任されます。
どういうイベントを開催すれば集客が見込めるか、女の子が働きやすい・働きたくなるようなお店の環境づくりをするにはどうしたらよいか、など、目の前のことを解決するという感じではなく、未来のことを考えて改善・企画することに対して意欲的に取り組める気持ちがあるかが重要になってきます。
そして、向上心も必要です。
店を流行らせるための手段を日々追求しなければならないので、現状維持、なんて気持ちでは到底務まらない仕事でしょう。
お店の発展は自分の地位向上にも繋がるので、より高みを目指して働く意識を持っている人には運営スタッフはピッタリでしょう。

「店舗スタッフ」は、お客様や女の子と接するので、なによりも気持ちのゆとりが必要です。
自分のことより、目の前にいるお客様や女の子のことを優先して考えなければならないので、とにかく余裕のある人でなければなりません。
お客様もお金を払っているので、当たり前にいいサービスを求めてくるので、それに見合ったサービスをしなければなりません。
また、キャバクラで働く多くの女の子は日々の営業でストレスを感じてるようで、その発散先が店舗スタッフであったりします。
そういった愚痴や不満も聞いてあげるのも重要な仕事です。
中には無理難題を突きつけてきたり、ワガママを言ってくる女の子もいるでしょう。
その女の子たちに働きやすさを与えてあげられるような優しい気持ちがなによりも大切です。

ただ言われたことだけをして得る高時給より、高時給を貰えるだけの仕事を出来る人になることで、自分自身も成長できると思います。